posレジに関する価格だけでなくクラウドの利用も確認しよう

導入前に確認しよう

店内

魅力的な端末

近年ではどんなところでもタブレットが利用されています。見た目もスマートですし、販売された当初はその近未来的な見た目が注目されて、スタイリッシュな人たちを中心によく使われてきたコンピューター端末です。
この見た目の変化はとても重要で、従来のレジよりもお店に導入され始めているのは、どんなお店でも合う見た目である点が注目されているからです。そして、最大の魅力はタブレット型で簡単にposやクラウドposのシステムを使うことができるため、機器の価格も安く、レジの導入を渋っていた経営者も気軽に利用できるのです。

10万円以上安くなる

posレジをタブレットにすると、どんなメリットがあるのか確認しましょう。
最大の魅力として、レジの価格がとても安くなるという点です。固定型のレジを使っていたお店がタブレット型にしたことで、10万円以上も以前よりも出費を抑えることができたという報告もあるのです。もしposシステムと連動したレジを導入するとなると、100万円以上かかってきますが、それが格段に出費を減らすことが可能になります。
システムをクラウド型にすると更に安くできるので、システムについても検討すると良いでしょう。

プロモーションに利用できる

タブレット型レジにすることで、他の利用にも活用できるのが魅力の一つになっています。
薄型のレジになるので、持ち運びが簡単になります。もし在庫をposで調べて、お客様に状況を説明したいとき、そのまま持ち運びできるのですぐに説明することが可能です。
在庫確認以外でも、商品の説明をするのにも画像表示ができて便利なので、プロモーションに活用できてとても便利なのです。もしECサイトと店頭の在庫が違う場合、売れたらすぐにその場で在庫を調整し、ECサイトからの在庫を持ってくることができるため、売り逃しも防げます。そして、会計がレジカウンターではなく、お客様と話しながらその場で行なうことができるため、飲食店のようにテーブルで会計をしているお店にも重宝されています。

クラウド化でリアルタイムになる

価格が安いことに注目されるタブレット型のposレジシステムですが、一緒に導入されることが多いのがクラウドのposシステムです。クラウドだと情報の共有が一箇所であるにも関わらず、複数の端末で同じ情報が共有できるというのが便利な点です。
そのため、持ち運び型の端末を使う際にはクラウド型にした方が良いといえるのです。もし複数箇所で経営が行なわれるチェーン店であれば、クラウド型の方が本部も対応しやすいので、検討すべきだといえます。
分析機能も付いているとより便利です。持ち運び型のレジだとオーダエントリーシステムと一緒に使われます。どの時間帯でどの程度売上があったのか、それを分析する機能があれば商品のマーケティングにつなげることができるといえます。

価格だけに注目しない

レジやシステムの価格だけに注目するのではなく、posをクラウドサービスを使って利用する際はネットワーク環境にも注目するようにしましょう。価格が高いものは高性能である場合が多く、ネットワークの速度が速くなるという特徴があります。それほど速度に関しては気にしないというお店であれば、適したネットワーク環境を選び、安い価格のシステムを導入すると良いでしょう。
ネットワーク環境はお店によっても違ってきますので、状況によっては新しくアクセスポイントを設ける必要があります。クラウド型だとその場にサーバーがないので、動作の速さを求めるお店であれば、ネットワーク環境にある程度お金をかける必要があるかもしれません。
タブレット型レジ、クラウド型posを利用する際には、サポート体制にも注目です。メールや電話だけでなく、定期的にメンテナンスやアドバイスを提供しに訪問してくれる業者に頼った方が良いといわれています。店舗の状況はそれぞれ違いますので、付け足した方が良い機能を提案してくれたり、アルバイトへの操作レクチャーなどを行なってくれたりする業者だととても助かります。